【巒山窯】染付麻型風鈴(小)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

【巒山窯】染付麻型風鈴(小)

残り1点

¥3,300 税込

送料についてはこちら

【サイズ】 径:45mm 高:52mm 【音色を聴く】 https://youtu.be/G14Lw3LtrU0 【麻の葉模様とは】 麻の葉は、4カ月で4mにもなるほど成長が早く、まっすぐグングン成長する為「子供の健やかな成長の願い」が込められているそうです。 また昔から麻の葉は「魔除け」の意味があり多くの装飾に使われております。 【一言コメント】 巒山窯(らんざんがま)さんの商品を選んだ理由は個人的に「好き」なんです。工房に入ると黙々と一人で絵付けをしていらっしゃいます。そんなときでも「こんにちわー」といって、お邪魔すると筆を止め、気軽に話を聞いて頂けます。そんな巒山さんが描く絵付けの魅力は鍋島焼の繊細な表現を独自のスタイルで作っていらっしゃいます。 僕が思う、巒山窯さんの独自のスタイルというのは3つあると思います。 ①線の細さ(美しさ) ②濃み(色付け)の濃淡 ③オリジナルの呉須の色 この3つが合わさった商品は首都圏でも多くのファンがいらっしゃいます。全て一点ものですのでお早目のご購入をお勧めします。 ぜひ一度、ご覧ください。 【藍鍋島とは】 肥前鍋島藩の藩窯、大川内山で生産された磁器。 染付けは、アジアだけでなく西洋でも見られ、長い伝統がありながら今もなお世界中で親しまれている陶磁です。 その中でも藍鍋島の染付けの技術は、藍一色を使用し、全国的にみても珍しい色付けを行い濃淡(グラデーション)だけで表現していきます。色鍋島の鮮やかさと異なり、落ち着いた雰囲気のある美しさが世界中の人から愛されてきた理由だと思います。